雇用保険助成金 特例 延長

雇用保険助成金の特例が延長されます

更新日:

感染症の影響で、経営状態に悩みを抱えている人は多いでしょう。
地域によっては、感染拡大が懸念され、休業という選択肢を取っている会社も少なくありません。
ですが、期限がすでに終了してしまっている国の制度もありますよね。
そんな人に朗報です。
雇用調整助成金の特例措置の延長が決まりました!

制度概要をおさらい

コロナによる感染拡大により休業を余儀なくされている事業者にとって、雇用調整助成金の特例は経営を支えてくれる制度になります。
その期限が延長されたとなると、現在申請を諦めている経営者の悩みや負担を軽くしてくれますよね。
まずは、助成金制度の概要について、簡単にですがおさらいしておきましょう。
制度を理解する上で大切なポイントは、以下の3点です。

・制度の内容と申請のための条件
・どのくらい助成してもらえるのか?
・対象となる労働者の範囲はどこまで?

これらは、制度を理解する上で基本となる部分ですから、申請の有無に関わらず知っておいて損はありません。
さらに、従来からあった雇用調整助成金の特徴も一緒に比較して解説したいと思います。

・制度の内容と申請のための条件
そもそも雇用調整助成金とは、経営者が従業員の雇用を維持するために、休業等を行う場合に国から休業手当に関するサポートが受けられる制度になります。
休業等で従業員の雇用を維持すると言っても、経営状態が悪い状態では、本来渡すべき給料を支払うのが難しいですよね。
しかし、時間給で働くアルバイトとは違い、正社員になると給料を支払わないということはできません。
従業員と経営者双方に、利用するとメリットのある制度になるでしょう。

この制度を基に設けられたのが、雇用調整助成金の「特例」になります。
特例の場合の申請条件は、次の通りです。

・コロナの影響により、事業活動が縮小、経営状態が悪化していること
・最近1カ月の売上高または生産量が前年同月と比較した際に5%減少していること
(事業所の状況によっては、特例措置アリ)
・従業員と適正な手続きの基に休業を行い、休業手当の支払いをしていること

簡単に説明すると、上記の条件を満たしている場合に申請することができますので、ただ休業しただけでは通りません。
特に重要なのは、労使間の協定に基づく適正な手続きを踏まえた上での休業であり、休業手当が支払われていることになります。
従業員が知らないまま休業に入ってしまった、事前に説明があっても手当を与えていないような状態では利用できませんよね。

また、申請をする場合は、事業主が雇用保険の適用を受けていることが前提になりますから、単に経営状態の問題だけで利用できる制度でないことを覚えておきましょう。

・どのくらい助成してもらえるのか?
通常の制度の場合は、サポートしてもらえる日数が決まっています。
例えば、1年ならば100日以内、3年ならば150日以内と、上限が決められ、この範囲内に対して金銭面のサポートが受けられます。

しかし、延長対象となる特例の場合は、感染症の影響によって状況が変わりますので、一概に何日以内までと決めることはできませんよね。
そのため、特例を利用する時は休業等の日数制限が決められていません。
上限日数を気にしてしまうと、感染拡大を止めることができなくなりますから、それを配慮した形の仕組みになっているでしょう。

ところで、みなさんが一番気になるのは、どのくらいサポートしてもらえるのかになりますよね。
助成金の金額は、職場での平均賃金を基に計算されますが、1日1人あたりの金額で計算すると、通常の場合は最大8330円、特例の場合は最大15000円になります。
特例に関して言うと、通常時の場合よりも上限額が大幅に上がっていますから、従業員の経済的な不安を小さくすることができますよね。
コロナの影響で収入が減少、不安定になり、不安を感じている人は少なくありません。
収入がある程度でもあるという状態は、少しでも安心感に繋がるでしょう。

助成率は、中小企業の場合は4/5、大企業の場合は2/3となっていますが、解雇しない条件だと助成率はさらにアップします。

・対象となる労働者の範囲はどこまで?
通常の場合だと、基本的に雇用保険に加入し6カ月以上継続して勤務している人が対象になります。
ですが、特例が設けられた状況下だと、雇用保険に加入していても、継続勤務の日数の条件が足りない人もいますよね。
そのため、特例では雇用期間が6カ月を超えていない人も対象として、サポートを受けられるようにしているのです。

この条件は、正社員に限りません。
非正規雇用でも、勤務条件等の関係で雇用保険に加入している人もいますよね。
その場合は、特例制度の対象になりますから、ご安心下さい。

また、特例措置の場合は雇用保険に加入していないアルバイトの休業補償も対象になりますので、雇用形態に関わらず広くサポートができるようにしています。
特に、学生アルバイトの多い事業所の場合は、特例の存在を知らなければ全体的に損してしまいますよね。
近年は、学生の中でもアルバイトをしなければ生活が成り立たない人が増えていますので、利用する際にはしっかりとアルバイトさんにも説明しておきましょう。

特例措置の延長によって得られる安心感

コロナの影響で設けられた特例措置ですが、本来ならば9月末までを対象とした制度でした。
ですが、実際の感染者の状況はどうでしょうか?
まだまだ都市部の方では、感染が収まっていない状況ですよね。
都市部に限らず、地方での感染拡大が見られる地域もありますので、安心して日常生活を送れる状況でないことが、みなさんも感じられるでしょう。

さらに、世界での感染状況見ると、一旦状況が落ち着いたと思われていた国でも、再び感染拡大が見られていますよね。
このような状況を踏まえると、まだまだ特例制度を必要としている人、事業所があることが理解できるでしょう。
その結果、特例制度の期限が2020年12月末まで延長されることになったのです!
12月末までとなると、あと数か月期間がありますから、今後休業等の判断をする場合には活用することができますよね。

現在までに、コロナの影響で倒産した企業等は多くあります。
倒産等の状況は、まだまだ続くと言っても過言ではありません。
雇用を維持できない、経営状態が持ちこたえられないと悲鳴を上げているのです。

また特例制度の延長に関して補足すると、特例が設けられてからの手続き面が次々と変わっていることをご存じでしょうか?
例えば、当初は申請をする際に休業の計画書を休業後でも提出することが求められていましたが、その作成には時間がかかりますよね。
作成作業によって、サポートが遅くなってしまっては意味がありません。
そのため、現在は計画書の提出が不要になり、申請のみでの対応が可能になりました。
迅速なサポートが必要な事業所にとっては、経営面の不安を少しでも軽くできますよね。

特例制度を利用する際の基本的な手続きや条件、サポート内容には変更はありません。
感染状況の終息がまだ見えてこない以上、自社や自社の従業員を守るためのお守り制度として、雇用調整助成金の特例措置は今一度覚えておいて下さい。
現状では12月末までの延長ですが、今後の状況によってはまた変更がある場合もあります。
活用できる制度の存在は支えになりますから、日々の報道の確認も忘れないで下さい。

まとめ

今回は、雇用調整助成金の特例措置の期間延長の決定ということで、基本的な内容についておさらいしました。
特例制度の場合、休業期間や助成額、対象者の範囲が通常の制度内容よりも拡大していますので、多くの従業員が間違いなく対象になりますよね。
その仕組みの期限が12月末まで延長されるとなると、残りの期間内に何かあった時でも安心できます。
コロナから従業員を守る手段として、改めて確認しておきましょう。

本当の優良求人と出会うポイント

なぜハローワークでは良い求人と出会えないのか?

転職・就職・職探しといえば、

イメージするハローワーク(昔でいう職安)

でも、ハローワークのシステムを知れば、それが間違っていたことに気付きます
それは、企業側は無料でハローワークに掲載しているということ

”それのどこが問題なの?”と思うかもしれないが、ココがとても重要

本気で人材を募集している企業は、コストをかけてでも募集します
つまり、企業側は本気で人材を探しているということ

では、企業側は人材確保のために、どこにコストをかけるのか?
それが、転職サイト・転職エージェント

企業側もイメージが下がるような求人は募集できない
ということは、掲載する求人は自動的に優良な求人になる

この点が大きな違いです


だから、当サイトでは、ハローワークではなく
転職サイトや転職エージェントに無料で登録することをお勧めしています

転職サイトをうまく活用して
「失業保険をうまく活用し転職や独立、再就職を成功」
させて下さい​

転職サイトを選ぶポイントは4つ


サービスの知名度


保有求人数


口コミ・評判の良さ


サポート対応をチェック 

人気の転職サイト 知名度 求人数 評判 対応

正社員向け(給料アップ67.1%)

正社員・派遣

自分の価値を確認

転職サイトの違いを比較することが大切


PASONA

パソナ転職
転職者の年収アップ67.1% 3人2人が年収アップを実現!



リクルートエージェント

求人数No.1、転職支援実績No.1、顧客満足度No.1



ミイダス

あなたの市場価値を見いだす転職!


 

さらにインターネット上に
公開していない情報が存在するってご存知ですか?

非公開求人とは?

非公開求人とは、転職サイトでは一般公開されていない求人情報です。
大手・有名企業の求人、人材幹部候補クラスを募集しているのかをわたしたちは通常では知ることができません。
この様な非公開情報は、求人サイトでも一部のコンサルタントが情報を持っています。
また掲載基準も厳しいためブラック企業はもってのほか、本気で求人募集を行っている優良企業でないと掲載ができないのです。
だからこそ安心の大手転職サイトに情報が集まります

非公開求人の登録メリット
とりあえず登録するだけで非公開求人が閲覧できる
80%以上の求人情報は一般には公開されておらずまだ誰も知らない求人情報あり
具体的な条件(お給料、ポジション、勤務地など)を公開

「求職活動実績」を得やすくするには「1社よりも2社」の登録をおすすめします。
※登録の手間はかかりますが求職活動実績につながります!
完全無料:約1分程の簡単登録

強引な営業はなし

お電話での転職相談、メールでの求人のご案内、アプリの活用など、遠隔での転職活動サポートを実施しております

 

2020年 オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位 PASONA

■PASONAは求人数No.1、転職支援実績No.1、顧客満足度No.1
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■PASONA3つのメリット
1. 転職者の年収アップ率が67.1%(3人に2人が年収アップを実現!)

2. 非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
※転職実績は250,000人!

3. 企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。
※提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供


リクルートエージェントは失業者・求職者・未経験者大歓迎!
求人数No.1、転職支援No.1、顧客満足度No.1
リクルートエージェントには、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上

人気専門職コンテンツ

保育士さん優良求人はここですよ!
保育士さんはここで決まり!全国のこだわり条件で探せる大手保育士求人サイト

看護師さんの総合求人情報
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

無資格からでも始めれる介護士求人
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

手軽に求職活動実績受給されたい方は
2つのサイトにはご登録
をおすすめします!

繰り返しになりますが、サイトへ登録しても
・とりあえずの登録OK
・完全無料
・退会自由
・無理な連絡はなし​

おすすめ転職サイト 知名度 求人数 評判 対応

 

人気コンテンツ
年代別オススメ求人 (専門職もあり)
各年代で採用に強い求人サイトがあるんです。年代別のオススメ情報が満載

女性に特化した女性のための求人
育児と仕事を両立。ブランクがあっても大丈夫、もちろん勤務時間も考慮

保育士さん優良求人はここですよ!
ここで決まり!全国のこだわり条件で探せる大手保育士求人サイト

看護師さんの総合求人情報
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

   

もう我慢して働くのやめませんか

退職ガーディアンが選ばれる理由5つ
業界最安水準
アルバイトも派遣も正社員もすべて一律29,800円で承っております。格安業者や弁護士運営の退職代行サービスにはない品質とスピード感を持っています。

即日退社可能
有給消化の有無やご希望の退職時期等のご要望をお伺いします。最短日程をご希望の場合には、お問い合わせの即日退職も可能。

会社・上司への連絡不要
ご依頼者様と会社のやり取りはすべて代行致します。

有給消化サポートも可能
これまで取得できていなかった分の有給も取得できるようにサポート。

お気軽にLINEでご相談
友達追加後、簡単にメッセージをお送りください。ご相談でも、ご依頼内容でも構いません。



14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者
業界最安クラスの28,000円で退職できるため、 スピード感と料金を重視している退職向けのおすすめのサービス
給付金最大700万!本日申請者 38
      

Copyright© "失業保険"確実にもらう技 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.