【退職代行】 理由

【退職代行】主な退職理由とは?

更新日:

会社を退職する理由は、人によって異なります。
様々な理由があり、中には複数の理由が積み重なっていることもあるでしょう。
みんな、どのような理由で退職しているのでしょうか?
その理由について、まとめてみました。

よくある退職理由ランキング

退職理由として、よくあるものをランキング形式でまとめました。
また、その詳細な理由についてもいくつか紹介します。
中には、自分にも当てはまるというものがあるのではないでしょうか?

1位:キャリアアップを目指すため
・今の仕事より、もっと自分の力を最大限に発揮できるような仕事をしていくため、スキルを身につけていきたい(28歳/男性)

・将来大きな仕事ができるように、今は自分の能力を伸ばせる仕事がしたい(25歳/男性)

・グローバルな仕事をするために、キャリアアップしたい(27歳/女性)

退職理由として最も多いのが、キャリアアップです。
転職の際も、ポジティブな理由として受け入れられやすく、前向きな人材だと思われることが多いでしょう。

また、会社に対する不満を言ってやめたくない人は、この理由を前面に出すことで退職することを言い出しやすくなるようです。
ただし、社内の別の部署に異動することを勧められるケースもあります。

2位:仕事内容に不満がある
・営業としてバリバリ働くつもりが、女性だからと裏方に回されてしまう。外回りもできず、最初の話と全く違う。(24歳/女性)

・海外展開を予定しているからと入社したのに、実際には予定だけで具体的な話が何一つ進んでいない。(26歳/男性)

・事務として入社したのに、人手が足りないからと営業までやらされる。その上事務の仕事もあるので、毎日残業続きになっている。(28歳/女性)

募集や面接の段階で確認した待遇と、会社に入社してからの待遇が全く違う会社は、少なくありません。
特に、女性にやらせる仕事を限定している会社も、減ったとはいえまだまだ残っています。

多くの人は、ある程度我慢して改善されるのを待つのですが、まったく改善される兆しがないと我慢も限界に達するでしょう。
他の理由とも合わせて、この理由を退職理由にする人は多いのです。

3位:労働時間や環境に不満がある
・仕事を目いっぱい詰め込まれて、毎日長時間の残業をするのが当たり前になっている。残業代も、ある程度は支払われるが後はサービス残業になっているのが不満(33歳/男性)

・上司が冷房嫌いで、どんなに暑い日でも冷房が付いていない。そのせいで体調を崩した社員もいるのに、「根性がない」という一言で終わり。(29歳/男性)

・残業を減らすために、出社時間を早めるように会社から通達された。始業の1時間以上前に出社するように言われたのに、終業時間は同じとかあり得ない。(24歳/女性)

残業時間は、法律で上限が定められています。
そのため、それ以上の残業はサービス残業にしてごまかし、残業代も支払わないという会社もあるのです。

労働時間も決まっているので、出社時間を早めるならその分終業時間も早くならなくてはいけません。
そういったごまかしをしている会社を退職する場合は、証拠を集めておくことをおすすめします。

4位:会社としての考え方や状況が変化した
・会社の経営方針が大きく変化したことで、やりがいを感じられなくなった(32歳/男性)

・上司が変わったことで、営利第一主義に代わってしまった。ノルマも勝手に決められて、やる気がどんどん失せてしまった。(27歳/女性)

・会社の経営状況が悪化したため、給与が何回か遅配になることがあった。今後も、どうなるか分からず不安になった。(31歳/男性)

会社として基本的な経営方針がありますが、経営陣が変わったり上司が変わったりしたときにはその方針も変化することがあります。
今までの会社方針に共感して入社した人などは、その変化が不満かもしれません。

また、経営状況も悪化してくると、給与が遅配になったり、減額されたりする可能性もあります。
そういった状況では、今後が不安になるかもしれません。

5位:給与面で不満がある
・残業代を含めて、やっと手取りが15万円に届くくらい。生活のために、進んで残業をしなくてはいけないような仕事で、昇給もごくわずか。将来、身体を壊しそうで不安。(26歳/男性)

・女性だからと、昇給ペースが同期の男性社員より低い。さらに、女性は一定年齢で昇給がストップするのに、同じ仕事をしているのが無駄に思えた。(26歳/女性)

・特殊な職種として働いていたため、会社が仕事内容を把握しておらず、昇給の評価基準を満たしていても自分だけ3年間昇給がなかった。(31歳/女性)

給与面では、最初の募集条件と異なる待遇だったということがあります。
求人で提示された賃金が、実は残業代込みの平均賃金だという会社もあり、残業をせざるを得ないために体を壊すこともあります。

また、女性だから、特殊な職種だからと、他とは待遇が異なることもあり得ます。
特に、上司が詳しく知らない職種だから評価ができない、というのはあり得ないでしょう。
男女での待遇格差も、労働基準法に引っかかる可能性があります。

6位:雇用形態に不満
・非正規社員から正社員への登用ありとなっていたのに、いつまでも非正規社員のまま。上司に聞いても、明確な返答はなかった。(28歳/男性)

非正規社員では不安定なので、正社員に登用されたいという人は多いでしょう。
しかし、条件としてはその制度があるとしているのに、なかなか応じてくれない会社もあります。
具体的な返答がない場合は、前例がどのくらいあるか調べてみましょう。

7位:人間関係が上手くいかない
・プライベートを無視して飲み会に無理矢理突き合わされたり、休日も勝手に予定を入れられたりして、気が休まる暇がない。(26歳/男性)

・社長の奥さんが事務をまとめていて、おしゃべりしている人ばかり。仕事が進まず、注意したくても進まない。さらに、その仕事を押し付けられてしまい、私が残業しているのにみんな定時で帰っていく。(25歳/女性)

職場の人間関係に悩む人は、少なくありません。
コミュニケーション能力の問題とは言いますが、どうしてもそりが合わない人もいるでしょう。

自分勝手な人間に付き合っていると、ストレスが溜まってしまいます。
そういった人間との付き合いが減らせないなら、転職も考えるべきです。
ただし、それを前面に押し出して転職理由にすると、コミュニケーション能力に難あり、とみられることもあるので注意しましょう。

8位:地元に帰る・遠方に引っ越す
・父が亡くなり、母が一人暮らしをするのが難しいので、実家に戻って介護することになった(45歳/男性)

・結婚のため、他県に引っ越すことになった。(28歳/女性)

仕事ばかりではなく、家族の事情で退職することもあります。
介護や結婚を機に退職する人は、やむを得ない事情があるので引き留められることもあまりないでしょう。

※退職ボタン
https://xn--ruq30uisndq6b.net/?page_id=4245

本音はまた違う?

退職理由として、よくあるものをランキング形式で解説しました。
しかし、本音の退職理由としては、また別のものがあるでしょう。
面接では言えない、本音の退職理由についても紹介します。

1位:上司の考え方に納得がいかない
・仕事の手柄はいつも自分のものにして、ミスは部下に押し付ける上司。期限が悪い時は、八つ当たりで部下の一人に長時間説教をする。さらには、仕事を部下に押し付けて早々に帰ってしまう。そんな上司の下では、働きたくない。(26歳/男性)

・今時、女性蔑視を隠そうともしない。ことあるごとに、「女だから」と文句を言い、成果を出したら「女のくせに生意気だ」という態度を隠さず、私より成果が少ない男性社員の評価ばかりを高くしている。(31歳/女性)

会社で働くにあたって、上司を選ぶことはできません。
今は、セクハラやパワハラ等に厳しくなったので、以前のように問題がある上司は少なくなったように思えますが、まだまだ困った上司は残っているのです。

会社という組織の中で、上司に逆らうというのは難しいものです。
特に、会社のトップに上司が気に入られている場合、文句を言っても通用しないことが多いでしょう。
それに耐えかねて、退職する人も多いのです。

2位:労働時間が長すぎる
・残業時間が月に200時間を超えるような職場で、体調を崩して入院することもしばしばでした。その後も、環境が改善されることはなく、疲労から注意力も散漫になって交通事故に遭い、入院したこともありました。このままでは過労死すると思い、退職を決意しました。(36歳/男性)

・毎日、終電まで残業する羽目になっているのに、全てサービス残業扱い。上司に文句を言っても、自分の仕事が遅いせいと言われて終わり。就業間際に、明日までの書類を押し付けるくせに、この言い草は我慢できません。(24歳/男性)

残業が多い職場というのは、少なからずあります。
一時的に残業が多いくらいならまだしも、常に多いのであれば根本的な問題が解決されない限り残業は減らないので、改善の見込みは薄いでしょう。

サービス残業は、問題になる事も多いのですが未だに根深く残っています。
自分の仕事が遅いというのは、責任転嫁の言葉でしかありません。
さぼってばかりという事が無ければ、自分に非はないので退職前に証拠を集めて、未払いの残業代を請求した方が良いでしょう。

3位:人間関係が悪い
・社内で対立するグループに分かれていて、どちらにも属さないでいたら双方から無視されることも多く、仕事にも支障が出始めた。上司にいっても、上手いことやってくれと言われるだけで改善されない。(23歳/女性)

・転職して入社したものの、研修期間もなく仕事に関しても教えてもらえません。かといって質問すると、忙しいのに邪魔するなと怒られてしまいます。その上で、上司からは仕事をさぼっていると怒られてしまいます。このままいても、仕事を覚えることもできないので諦めました。(30歳/女性)

人数が増えると、派閥も出来上がることが多いのが世の中です。
しかし、仕事に支障をきたすほど対立しているのは、問題でしょう。
上司が頼りにならず、派閥に属するつもりもないなら退職も考えるべきでしょう。

中途入社の場合、忙しい職場では常に即戦力になると考えがちです。
しかし、その会社ごとにやり方が違うこともあるので、一度は研修などが必要となるでしょう。
それがなく、質問すらできない職場では、成長は見込めません。

4位:賃金への不満
・基本給が安いものの、残業手当はきちんと支払われるという会社に入社しました。しかし、残業手当は会社が要請した時だけ支払われるということで、仕事量が多く終わらないからと残業しても支払われません。結局、月に100時間は残業しているのに、支払われたのは5時間分だけでした。(30歳/男性)

・男性と女性で同じ仕事をしても、女性社員は基本給から差をつけられて、さらに昇給ペースも低くなっています。男性社員は営業、女性社員は営業補佐と分けられているのに、結局一人で営業に回っています。それなのに、補佐だからと給料が低くなっているのが納得できません。(25歳/女性)

基本給は、求人情報として掲載されているので、ある程度納得している人も多いでしょう。
しかし、残業手当が支払われるかどうかは、会社によって特別な規定が設けられていることもあるので、不満を覚える人も多いようです。

また、男女の賃金については、格差を付けてはいけないと労働基準法によって定められています。
それなのに、様々な理由を付けて格差をつける会社もあるので、注意しましょう。

5位:仕事内容に不満
・プログラムの仕事がしたいと入社したのに、回ってくるのは会議やプレゼンなどに使われる資料の作成依頼ばかり。いずれ改善されるかと思いきや、何年もそれが続いているため、転職を決意しました。(33歳/男性)

・顧客のために働く仕事だったはずなのに、実際は会社が仕入れたものを顧客に押し付けるだけの仕事でした。強引な営業をしないと叱責され、社内ノルマに満たないと自腹での買取りをしないといけないため、退職することにしました。(27歳/女性)

仕事内容が、言われていることと違うというのは、よくあることでもあります。
しかし、その仕事に納得がいかない場合は、転職も考える必要があるでしょう。
改善される可能性があるかどうか、よく考えてみてください。

会社が退職を認めてくれないときは?

様々な退職理由があるのですが、中には会社に退職を申し出ても認めてもらえないことがあります。
中には、何時間もかけて考え直すように説得してくる会社もあるのです。

しかし、仕事を辞める権利というのは法律で認められています。
それを侵害するのは、違法性を問われることもあります。
ただし、そのことを証明する証拠を集めるのは大変ですから、諦める人も多いでしょう。

中には、無断欠席をして退職届を送りつける、という方法をとる人もいます。
しかし、そのようなやり方は非常識とみられ、再就職に不利な働きをすることもあります。
また、退職金をもらえるはずでも、諦めることになるでしょう。

どうしても退職できない時は、退職代行に依頼してみましょう。
退職代行は、本人に代わって会社と交渉し、退職する手はずを整えてくれます。
引き留めや、上司が怒って話を聞いてくれないケースでは、非常に便利です。

また、退職代行の多くは弁護士が行っています。
その場合は、退職金の交渉や未払いの賃金、残業代などの交渉も可能です。
会社から、損害賠償を請求されるようなことがあっても、対応してもらうことができます。

退職しても離職票などの書類が送られてこない、といったトラブルにも対応してもらえます。
ストレスなく退職したいという人は、ぜひ退職代行サービスを利用しましょう。

※退職ボタン
https://xn--ruq30uisndq6b.net/?page_id=4245

まとめ

退職したいと思う人の理由には、様々なものがあります。
その理由には、人に言いやすい建て前の理由の他に、中々言いにくい本音の理由もあります。
退職を考えている人は、自分の気持ちとみんなの退職理由を見て、本当に退職するかどうかもう一度考えてみてもいいのではないでしょうか。
また、退職すると言い出しにくい人や、上司が退職を認めなかったという人などは、退職代行サービスの利用も検討してみましょう。
きっと、スムーズに退職する助けになってくれます。


選ばれる5つの理由
①業界最安水準
②即日退職可能!
③会社への連絡不要
④有給消化サポートも可能
⑤お気軽にLINEでご相談可能

14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者
業界最安クラスの28,000円で退職できるため、 スピード感と料金を重視している退職向けのおすすめのサービス

本当の優良求人と出会うポイント

なぜハローワークでは良い求人と出会えないのか?

就職活動として、思いつくのは


・新聞・雑誌
・企業ホームページ・転職サイト
・ハローワーク

是非ハローワークの申請までに絶対に実施しておく条件があります。

”この条件をクリアしていないと絶対に失業保険を受給” できません。

 


それが 求職活動実績です


【求職活動とは】
”詳細”

求職活動実績とは、失業保険を受給するために「求職活動を行った実績を月に2回は示しなさい」というハローワークが掲げている求職活動の実績のことです。

“求職活動実績が認められるのってハローワークの活動だけ”だと...

「職業紹介事業に登録している大手転職サイトは

「求職活動実績」の条件を満たします」

コロナ禍で三密を避けるために安心して「求職活動実績」を得れるんです!!

しかも完全無料登録です!
無料登録しても営業からの強引な連絡はないので安心 

そんなあなたにお伝えしたい事があります!

本当はハローワークだけではなく
【転職サイトを利用しても求職活動実績】になります。

ハローワークが転職サイトを
斡旋することはできないので意外と知らない人が多い
んです!!

あと気になるところは
「ハローワーク」=「求職者のたまり場」

ハローワークで失業保険の手続き際に
求人情報検索もしてみてください。

求人検索数こそ多いですがそこまでよい求人に出会えません。


それもそのはず
ハローワーク求人は企業が無料掲載できるのをご存知でしたか?

だからこそトラブルも多いようです。
(厚生労働省出典:ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の 相違に係る申出等の内訳について
※コロナショックでハローワークは、沢山の求職者で溢れ返っています。


求職中の方は「求職活動実績」を取得するために
恵まれない求人情報であっても急いで申込んでしまいます。

本当に人材募集している企業は、
転職サイトに50〜100万円の費用をかけて募集しています。

失業された方からのご質問


慎重に転職先を探したいので「求職活動実績」を取得するために、とりあえず登録するだけでもいいのでしょうか?すぐに仕事をするつもりはありません。



お答え


もちろん、大丈夫です。人によって転職したい時期はさまざまですし、コロナ禍で求職も少なくなっています。慎重に探されて下さい。
基本的に無料のサービスなので、とりあえず触ってみるだけでもまったく問題ありませんし退会も簡単にできます。
営業からも無理なご連絡はありませんのでご安心下さい。
転職サイトをうまくご活用頂ければと思います。

転職サイトを選ぶポイントは4つ


サービスの知名度


保有求人数


口コミ・評判の良さ


サポート対応をチェック 

人気の転職サイト 知名度 求人数 評判 対応

正社員向け(給料アップ67.1%)

正社員・派遣

フリーター・20〜30代向け

転職サイトの違いを比較することが大切


PASONA

パソナ転職
転職者の年収アップ67.1% 3人2人が年収アップを実現!



リクルートエージェント

求人数No.1、転職支援実績No.1、顧客満足度No.1



若者向け就職SHOP

派遣切りの方・フリーター・若者大歓迎!


 

さらにインターネット上に
公開していない情報が存在するってご存知ですか?

非公開求人とは?

非公開求人とは、転職サイトでは一般公開されていない求人情報です。
大手・有名企業の求人、人材幹部候補クラスを募集しているのかをわたしたちは通常では知ることができません。
この様な非公開情報は、求人サイトでも一部のコンサルタントが情報を持っています。
また掲載基準も厳しいためブラック企業はもってのほか、本気で求人募集を行っている優良企業でないと掲載ができないのです。
だからこそ安心の大手転職サイトに情報が集まります

非公開求人の登録メリット
とりあえず登録するだけで非公開求人が閲覧できる
80%以上の求人情報は一般には公開されておらずまだ誰も知らない求人情報あり
具体的な条件(お給料、ポジション、勤務地など)を公開

「求職活動実績」を得やすくするには「1社よりも2社」の登録をおすすめします。
※登録の手間はかかりますが求職活動実績につながります!
完全無料:約1分程の簡単登録

強引な営業はなし

お電話での転職相談、メールでの求人のご案内、アプリの活用など、遠隔での転職活動サポートを実施しております

 

2020年 オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位 PASONA

■PASONAは求人数No.1、転職支援実績No.1、顧客満足度No.1
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■PASONA3つのメリット
1. 転職者の年収アップ率が67.1%(3人に2人が年収アップを実現!)

2. 非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
※転職実績は250,000人!

3. 企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。
※提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供


リクルートエージェントは失業者・求職者・未経験者大歓迎!
求人数No.1、転職支援No.1、顧客満足度No.1
リクルートエージェントには、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上

人気専門職コンテンツ

保育士さん優良求人はここですよ!
保育士さんはここで決まり!全国のこだわり条件で探せる大手保育士求人サイト

看護師さんの総合求人情報
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

無資格からでも始めれる介護士求人
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

手軽に求職活動実績受給されたい方は
2つのサイトにはご登録
をおすすめします!

繰り返しになりますが、サイトへ登録しても
・とりあえずの登録OK
・完全無料
・退会自由
・無理な連絡はなし

おすすめ転職サイト 知名度 求人数 評判 対応



▶リクルートエージェント簡単登録・完全無料
非公開求人数が20万件以上は業界最大級でダントツNo.1 
エージェントのレベルも高いので求人選定、面談設置、給料・条件交渉のスキルも全てにおいて満足なサービスです。


おすすめ2つ目
▶パソナキャリア簡単登録・完全無料
転職支援者25万人以上のNo.1です。
もちろん専任のキャリアアドバイザーあなたの転職を無料でサポート。

おすすめ2サイトには、重複した求人情報は載っていないため多少登録が手間でも
失業保険受給条件の「求職活動実績」を有利にするために是非登録して下さい。

人気コンテンツ
年代別オススメ求人 (専門職もあり)
各年代で採用に強い求人サイトがあるんです。年代別のオススメ情報が満載

女性に特化した女性のための求人
育児と仕事を両立。ブランクがあっても大丈夫、もちろん勤務時間も考慮

保育士さん優良求人はここですよ!
ここで決まり!全国のこだわり条件で探せる大手保育士求人サイト

看護師さんの総合求人情報
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

   

解決事例豊富な弁護士が真摯に対応

すべての人に、質の高く分かりやすい法律サービスと満足を
■アドバンスが選ばれる3つの理由
1.無料で債務整理の診断、相談を受けることができること
弁護士法人アドバンスでは借金お悩み相談ナビで無料診断が受けられ、債務整理の無料相談

2.土日、全国、即日対応できること
電話相談は土日祝日も受け付けていること、全国主要都市に8事務所を展開し早い対応

3.
弁護士に依頼するメリット
弁護士に依頼すると借金の催促が止まり利息を無くし借金が一本化できること

もう我慢して働くのやめませんか

退職ボタンが選ばれる理由5つ
業界最安水準
アルバイトも派遣も正社員もすべて一律29,800円で承っております。格安業者や弁護士運営の退職代行サービスにはない品質とスピード感を持っています。

即日退社可能
有給消化の有無やご希望の退職時期等のご要望をお伺いします。最短日程をご希望の場合には、お問い合わせの即日退職も可能。

会社への連絡不要
ご依頼者様と会社のやり取りはすべて退職ボタンが代行致します。

有給消化サポートも可能
これまで取得できていなかった分の有給も、退職ボタンで取得できるようにサポート。

お気軽にLINEでご相談
友達追加後、簡単にメッセージをお送りください。ご相談でも、ご依頼内容でも構いません。



14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者
業界最安クラスの28,000円で退職できるため、 スピード感と料金を重視している退職向けのおすすめのサービス
本日の求職活動実施者 16
      

Copyright© "失業保険"確実にもらう技 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.