【失業保険】 再就職手当

【失業保険】再就職手当に関して徹底解説します

更新日:

仕事を退職すると、失業保険に加入していれば一定の期間は国から手当をもらうことができます。

その金額は意外と多いので、すべて受給してから働かないともったいない、と思う人もいるでしょう。

しかし、仕事を早く決めると再就職手当が支給されるので、すべて受け取るまで待つほうがもったいないかもしれません。

ここでは、その手当について徹底的に説明します。

なぜ、働くことで手当てがもらえるのか

仕事が決まるまでの間は、国から失業手当がもらえます。
その期間は、人によって異なるのですが、すべてもらうとそれなりの金額になります。
求職中と認定されるだけで、もらうことができるのです。

例えば、30歳未満の人が月額20万円の仕事を自己都合で退職したとき、90日間の給付日数があったとしたら、総計で439,200円もらうことができます。
働かなくても、3か月間はそれまでの収入の7割強が失業手当として支給されることになるので、すべて受け取ってから働こう、と思う人も少なくないでしょう。

しかし、それは本当に正しい選択でしょうか?
実は失業手当が残っているうちに新しい仕事を決めると、国から、おめでとうという意味を込めて支給される手当もあるのです。

なぜ、そのような手当てがあるのでしょうか?
国としては、なるべくなら早く働いてほしいと思っています。
なぜなら、働いてもらうことで国には税金が入ってくるからです。

しかし、働かなくても失業手当がもらえるなら、そう急いで働かなくてもいいか、と考えてしまう人もいるでしょう。
求職活動をしていないともらえないのですが、仕事を探す活動をある程度していれば問題なくもらえるので、そのような姿勢でいる人も少なくはないでしょう。

そうなると、国としては困ってしまいます。
仕事が見つかるまでの生活を支えるための手当なのに、かえって再び働き始めることを妨げてしまっています。

そこで、失業手当が残っているうちに仕事を決めた人には、そのお祝いの意味でも、残った失業手当の一部を再就職手当として支給しています。

働いて給料をもらったうえで、さらにこの手当も受け取ることができるので、単に失業手当をもらっているよりも得をするのではないでしょうか?

受け取るための要件は?

この手当は、どのような要件を満たす必要があるのでしょうか?
全部で8つありますが、その内容を順に説明しましょう。

最もわかりやすいのが、会社が雇用保険に加入していなくてはいけないということです。

早ければ早い方がいいとはいえ、あまり早すぎてももらえません。
失業してから、ハローワークで手続きをすると受給資格の決定をされるのですが、その前から内定をもらっている場合は対象外となります。

また、手続きの後に待期期間があるのですが、それを過ぎる前に就職してしまうとやはり対象外になります。
きちんと休職していることを認められてから就職しなければ、対象にならないのです。

先ほどもいいましたが、給付期間の3分の1以上が残っている状態で再就職しなくてはいけません。
残日数が足りないと、手当を受け取ることができません。

就職先ですが、どこでもいいわけではありません。
退職した会社とは関係のない会社に就職した場合に限られます。
前の会社の子会社や、関係が深い会社に再就職した場合は、対象外になってしまうので注意しましょう。

また、就職してから1年を超えて働ける見込みがなくてはいけません。
半年の契約で、契約更新がないような仕事だと、もらうことができないので注意しましょう。

自己都合で退職している場合は、3か月の給付制限があります。
その制限がなくなるまで待たずに就職しても、手当はもらえます。
ただし、最初の1か月は仕事の見つけ方が限られます。
ハローワークか、もしくは人材紹介会社から紹介を受けて就職した場合のみ、となるのです。

そして、過去3年間で同じような手当を受け取ったことがない、という要件もあります。
以前、再就職手当や常用就職支度手当を受給したことがある人は、それが3年以内ではないか確認しておきましょう。

このような決まりがあり、それをすべて満たしていないともらうことはできません。

一見複雑に見えるかもしれませんが、期間による制限以外はほとんどの人が問題はないでしょう。

もらわないとどうなる?

もらうには、申請が必要です。
ということは、何もしないと当然もらえないのです。
また、申請はしたものの日数の不足などによって、不支給になる人もいるでしょう。

まず、申請は再就職から1か月以内であれば問題ありません。
しかし、申請期間自体は1か月なのですが、実は申請の有効期限としては2年間あるのです。
事前にハローワークへと連絡をすれば、期間内なら問題ありません。

もし、申請が面倒という理由からもらわないでおいても、ペナルティーはありません。
単にもらえないというだけですが、もらわないことで利点となることもあります。
これは、日数が不足してもらえなかった場合でも同様です。

何らかの理由で早期に退職してしまった場合は、失業手当をもらえません。
自己都合なら12ヵ月、会社都合でも6ヵ月は雇用保険の被保険者となる必要があるからです。

その場合、通常なら何ももらえないのですが、申請していなければ以前に残った手当の受け取りを再開することができます。
例えば、50日分残ったまま再就職していれば、その分をもらえるのです。

しかし、手当をもらっても、次の仕事を早期に退職した時に全くもらえないわけではありません。
失業手当と再就職手当との差額分は、再びもらうことができます。

80日を残した状態で再就職をして、7割の給付率で手当を受け取ったとしましょう。
その会社を4か月で退職してしまったときは、残っていた80日分から7割を引いた3割分、つまり24日分までもらえます。

申請しないまま、次の仕事で必要な日数を勤務した場合、以前の分はリセットされることになります。
しかし、仕事の内容などを吟味せずに急いで就職先を決めた場合は、万が一の保険として残したままにしておく、という選択肢もあるでしょう。

ただ、受け取った場合でも全くもらえないわけではない、ということを覚えておいてください。
万が一の保険であれば、残っている分だけでも問題ないかもしれません。

就業促進定着手当も覚えておこう

再就職手当をもらった人は、また別の手当も得られることがあります。
それが、就業促進定着手当です。
この手当についても、同時に覚えておいた方がいいでしょう。

この手当は、再就職をするときに手当を受け取った人のうち、6か月以上続けてそこで働いている人が対象です。
つまり、最低でも6か月経過していないと申請できません。

そして、その間の1日当たりの賃金が、以前の仕事よりも低くなっている人が利用できます。
その差額分を、手当としてもらうことができるのです。

ただし、賃金日額は計算される際に範囲が決まっています。
下限額は2,500円ですが、上限額は年齢によって異なります。
その範囲内の金額にして計算し、差額を支給するのです。

また、支給される金額そのものの上限もあります。
それは、手当としてもらった分の残りです。
先ほども出てきた、失業保険との差額分を上限として、下がった分の賃金を受け取ることができるのです。

申請には、6か月間の出勤簿の写しと給与明細などが必要です。
それに、仕事が決まったときにもらっている申請書と受給資格者証も用意します。
必要な書類を揃えたら、ハローワークに提出してください。

提出の方法は、持参するか郵送のどちらかを選べます。
提出する書類は、折り曲げないように注意してください。
申請は、6か月経過してから2か月が期限です。

その書類を提出してから、支給するかどうかの審査が行われます。
その審査には、だいたい2週間から1か月ほどかかります。
それが終わって、支給が決定されれば1週間ほどで振り込まれます。

この手当も、もらわなかったからといってペナルティーはないので、要件を満たしていても申請するかどうかは自由です。
しかし、半年が経過してその仕事に問題がないようなら、せっかくなのでもらった方がいいでしょう。

このように、条件次第では様々な手当てがあります。
色々と覚えておくと、得をすることもあるので、覚えておきましょう。

まとめ

失業手当をもらいきるまで、仕事を決めないというのはとてももったいないことです。
それよりも、早期に仕事を決めて給料をもらい、それに加えて再就職手当を受け取ったほうが、得をすることが多いでしょう。
手当を受け取れるように、早い段階での再就職を目指しましょう。

本当の優良求人と出会うポイント

なぜハローワークでは良い求人と出会えないのか?

転職・就職・職探しといえば、

イメージするハローワーク(昔でいう職安)

でも、ハローワークのシステムを知れば、それが間違っていたことに気付きます
それは、企業側は無料でハローワークに掲載しているということ

”それのどこが問題なの?”と思うかもしれないが、ココがとても重要

本気で人材を募集している企業は、コストをかけてでも募集します
つまり、企業側は本気で人材を探しているということ

では、企業側は人材確保のために、どこにコストをかけるのか?
それが、転職サイト・転職エージェント

企業側もイメージが下がるような求人は募集できない
ということは、掲載する求人は自動的に優良な求人になる

この点が大きな違いです


だから、当サイトでは、ハローワークではなく
転職サイトや転職エージェントに無料で登録することをお勧めしています​

転職サイトを選ぶポイントは4つ


サービスの知名度


保有求人数


口コミ・評判の良さ


サポート対応をチェック 

人気の転職サイト 知名度 求人数 評判 対応

正社員向け(給料アップ67.1%)

正社員・派遣

フリーター・20〜30代向け

転職サイトの違いを比較することが大切


PASONA

パソナ転職
転職者の年収アップ67.1% 3人2人が年収アップを実現!



リクルートエージェント

求人数No.1、転職支援実績No.1、顧客満足度No.1



若者向け就職SHOP

派遣切りの方・フリーター・若者大歓迎!


 

さらにインターネット上に
公開していない情報が存在するってご存知ですか?

非公開求人とは?

非公開求人とは、転職サイトでは一般公開されていない求人情報です。
大手・有名企業の求人、人材幹部候補クラスを募集しているのかをわたしたちは通常では知ることができません。
この様な非公開情報は、求人サイトでも一部のコンサルタントが情報を持っています。
また掲載基準も厳しいためブラック企業はもってのほか、本気で求人募集を行っている優良企業でないと掲載ができないのです。
だからこそ安心の大手転職サイトに情報が集まります

非公開求人の登録メリット
とりあえず登録するだけで非公開求人が閲覧できる
80%以上の求人情報は一般には公開されておらずまだ誰も知らない求人情報あり
具体的な条件(お給料、ポジション、勤務地など)を公開

「求職活動実績」を得やすくするには「1社よりも2社」の登録をおすすめします。
※登録の手間はかかりますが求職活動実績につながります!
完全無料:約1分程の簡単登録

強引な営業はなし

お電話での転職相談、メールでの求人のご案内、アプリの活用など、遠隔での転職活動サポートを実施しております

 

2020年 オリコン顧客満足度調査 転職エージェント第1位 PASONA

■PASONAは求人数No.1、転職支援実績No.1、顧客満足度No.1
実績豊富な 転職エージェントがあなたの転職を成功に導きます。
■PASONA3つのメリット
1. 転職者の年収アップ率が67.1%(3人に2人が年収アップを実現!)

2. 非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介します。
※転職実績は250,000人!

3. 企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、キャリアアドバイザーからも企業にお客様の強みをアピールします。
※提出書類の添削、面接対策、独自に分析した業界・企業情報の提供


リクルートエージェントは失業者・求職者・未経験者大歓迎!
求人数No.1、転職支援No.1、顧客満足度No.1
リクルートエージェントには、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件以上

人気専門職コンテンツ

保育士さん優良求人はここですよ!
保育士さんはここで決まり!全国のこだわり条件で探せる大手保育士求人サイト

看護師さんの総合求人情報
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

無資格からでも始めれる介護士求人
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

手軽に求職活動実績受給されたい方は
2つのサイトにはご登録
をおすすめします!

繰り返しになりますが、サイトへ登録しても
・とりあえずの登録OK
・完全無料
・退会自由
・無理な連絡はなし

おすすめ転職サイト 知名度 求人数 評判 対応



▶リクルートエージェント簡単登録・完全無料
非公開求人数が20万件以上は業界最大級でダントツNo.1 
エージェントのレベルも高いので求人選定、面談設置、給料・条件交渉のスキルも全てにおいて満足なサービスです。


おすすめ2つ目
▶パソナキャリア簡単登録・完全無料
転職支援者25万人以上のNo.1です。
もちろん専任のキャリアアドバイザーあなたの転職を無料でサポート。

おすすめ2サイトには、重複した求人情報は載っていないため多少登録が手間でも
失業保険受給条件の「求職活動実績」を有利にするために是非登録して下さい。

人気コンテンツ
年代別オススメ求人 (専門職もあり)
各年代で採用に強い求人サイトがあるんです。年代別のオススメ情報が満載

女性に特化した女性のための求人
育児と仕事を両立。ブランクがあっても大丈夫、もちろん勤務時間も考慮

保育士さん優良求人はここですよ!
ここで決まり!全国のこだわり条件で探せる大手保育士求人サイト

看護師さんの総合求人情報
看護師・准看護師・保健師・助産師の資格をお持ちの方!

   

解決事例豊富な弁護士が真摯に対応

すべての人に、質の高く分かりやすい法律サービスと満足を
■アドバンスが選ばれる3つの理由
1.無料で債務整理の診断、相談を受けることができること
弁護士法人アドバンスでは借金お悩み相談ナビで無料診断が受けられ、債務整理の無料相談

2.土日、全国、即日対応できること
電話相談は土日祝日も受け付けていること、全国主要都市に8事務所を展開し早い対応

3.
弁護士に依頼するメリット
弁護士に依頼すると借金の催促が止まり利息を無くし借金が一本化できること

もう我慢して働くのやめませんか

退職ガーディアンが選ばれる理由5つ
業界最安水準
アルバイトも派遣も正社員もすべて一律29,800円で承っております。格安業者や弁護士運営の退職代行サービスにはない品質とスピード感を持っています。

即日退社可能
有給消化の有無やご希望の退職時期等のご要望をお伺いします。最短日程をご希望の場合には、お問い合わせの即日退職も可能。

会社・上司への連絡不要
ご依頼者様と会社のやり取りはすべて代行致します。

有給消化サポートも可能
これまで取得できていなかった分の有給も取得できるようにサポート。

お気軽にLINEでご相談
友達追加後、簡単にメッセージをお送りください。ご相談でも、ご依頼内容でも構いません。



14年の実績を誇る、正真正銘の『元祖』退職代行業者
業界最安クラスの28,000円で退職できるため、 スピード感と料金を重視している退職向けのおすすめのサービス
本日の求職活動実施者 10
      

Copyright© "失業保険"確実にもらう技 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.